フォトフェイシャル サーマクール ウルトラフォーマー ボトックス注射 ヒアルロン酸注射 キズあと治療のことなら
代官山セラクリニックへ
TEL 03−3462−0833

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

シミ治療プログラム

 

シミのない綺麗な肌にするには

セラクリニックでは、様々なシミ治療プログラムをご用意しています。患者様個々の肌状態を診断し、適切な治療方法を提案し、患者さまのご希望に応じた治療方法を選択しています。
シミは紫外線の影響によるメラニン産生の亢進や、加齢に伴う皮膚の新陳代謝の乱れなどにより出現します。シミと言っても様々なタイプがあり、適切な治療方法もそれぞれ違います。種類の違うシミが混在していることが多く診断と適切な治療の選択が重要です。
セラクリニックでは下記の方法を、単独または組み合わせて、経過に応じた治療を進めていきます。

治療方法

レーザー治療

最も効果的で、少ない治療回数で治療効果が得られる治療法です。平らなシミにはQスイッチレーザー治療、盛り上がったシミには炭酸ガスレーザー治療が適しています。
治療後かさぶたが出来るため約1週間は軟膏処置が必要です。
特にQスイッチレーザーはアフターケアが重要で、かさぶたがとれた後肌がピンク色の間(通常1ヶ月間)は、厳重な紫外線防止が必要です。不十分なアフターケアや肌質によっては炎症後色素沈着という反応を起こすことがあります。
これは一時的なものですが、軽快するまでに数ヶ月かかることもあります。炎症後色素沈着のリスクを低くするために、アフターケアには、当クリニックで処方するハイドロキノン配合の「HRクリーム、ナノHQクリーム」を使っていただいています。

レーザー治療へLinkIcon

部分的な光治療(IPL治療)<アキュチップ>

レーザー治療と比べてリスクが低く、かさぶたが目立ちにくい治療法です。
症状により複数回の治療が必要になります。
部分的に使用するため、全体的に照射するタイプのIPL治療よりも、シミの部分に強く反応させることができます。

全体的な光治療(IPL治療) <フォトフェイシャル、フォトフェイシャルファースト、フォトブライト>

シミがたくさんある方、シミ以外にも小じわやきめの乱れを改善させたい方、肌の調子を良くしたり、化粧のりを良くしたい方に適した治療法です。
徐々に効果を出していく治療なので、効果が実感できるまでの治療回数はレーザー治療よりも多くなりますが、治療後すぐにお化粧ができ、厳重なアフターケアが必要ないので、日常生活への影響が少ない治療方法です。

ヤグレーザー治療 <ジェネシス>

肝斑という特殊なシミ、肌全体の色むら、くすみに適した治療法です。同時に肌質の改善、はり、開いた毛穴の改善をさせたい方に適しています。

塗り薬治療 <HRクリーム、ナノHQクリーム、ルミキシル>

美白剤のハイドロキノンと、肌の新陳代謝をたかめるレチノイン酸(トレチノイン)を配合したクリームです。特に、薄い出来たてのシミ、炎症後色素沈着、肝斑に効果的です。自宅で夜の洗顔後、化粧水の後に塗布する外用剤です。このクリームは慣れるまで、皮膚が赤くなったりカサついたりすることがありますが濃度や使用頻度の調整で、徐々に改善を実感できます。併用治療に適しています。

これらの治療は、医師が患者様の肌の状態を診断し、その都度機器の設定を行い、医師が施術することで最大限の効果が発揮されます。
看護師等が施術を行っている施設も多くありますがセラクリニックでは、常に経験豊富な医師が治療を行います。

レーザー治療前レーザー治療後
フォトブライト治療前フォトブライト治療後

クリックすると拡大します。