ハイフ フォトフェイシャル サーマクール レーザー ボトックス注射 ヒアルロン酸注射 肝斑、キズあと治療のことなら
代官山セラクリニックへ
TEL 03−3462−0833

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

瘢痕、キズあと治療

この治療は医師が診察し、施術いたします。

フラクショナルレーザーによる瘢痕、キズあと治療
とは

瘢痕とはさまざまな状態の傷跡のことです。一般には傷跡をケロイドと呼ぶことがありますが、医学的なケロイドは少数で、多くは肥厚性瘢痕や陥凹性瘢痕と言います。瘢痕は赤い場合と白い場合がありますが、どちらも正常の皮膚とは違う状態になっています。表皮は薄くなり真皮は固い特殊なコラーゲンが増生した状態か、極端にコラーゲン密度が低い状態になっています。その他の組織も正常とは違っています。

瘢痕に対する治療には、手術、ステロイド注射、ジェルシートによる保護、レーザー治療などが行われます。
フラクショナルレーザーによる瘢痕の治療は新しい治療法で、細かい点状にレーザーを照射して瘢痕の皮膚を新しい皮膚組織に置換する治療のことです。
点状に照射をするのは、全面に照射をすると返ってあとになったり、治療後の赤みが長く続いてしまったりする可能性が高くなるからです。

また、適応症状であっても、状態によって改善の見込みは異なります。
どのような治療でも万能ではありません。状態によっては効果的な他の治療を提案しています。

下記の内容は目安です。効果や経過には個人差があります。

適応症状

・熱傷後瘢痕(やけどのあと)
・外傷後瘢痕(すりキズなどのあと)
・術後瘢痕(手術をしたあとのキズ)
・痤瘡後瘢痕(にきびあと)など
・ニキビあと
※ケロイドは注射など他の治療を行います。

治療方法

・痛みを軽減するため表面麻酔(クリームまたはテープ)をします。
 小さな範囲の場合は麻酔をしないこともあります。
・瘢痕の状態に合わせてレーザーを設定、照射します。
・治療後は軟膏を塗り、ガーゼやテープで保護します。
・約6~8週の間隔で3~5回の治療を行います。
・瘢痕の状態によってはさらに複数回の追加治療が必要となることがあり
 ます。
・瘢痕の状態により、適切な治療間隔や回数が異なります。

治療効果

・治療のゴールは瘢痕を目立たなくすることで、完全になくすことでは
 ありません。
・見た目の改善が得られるまでの治療回数はキズの状態によって異なり
 ます。
・改善の程度と治療回数はカウンセリングの際に説明をいたします。

アフターケア

・当日から3日目まではガーゼなどで保護をします。
・その後は点状のカサブタが自然にはがれるまで(7~14日位)軟膏を塗り
 ます。
・シャワーは当日から、入浴は翌日から可能です。
・治療部位は肌質によって赤黒く反応することがあります。この場合は適切
 なアフターケアを行います。

その他

・治療後1週間程度は、かさぶたや赤みなどにより、お化粧がしにくくなり
 ますのでスケジュールを考えて治療をして下さい。
・治療後の肌は紫外線に敏感な状態になりますので、治療部位の紫外線防止
 を徹底して下さい。







術後瘢痕 治療前5回治療後外傷後瘢痕 治療前3回治療後外傷後瘢痕 治療前6回治療後

クリックすると拡大します。

  • 今月の情報
  1. ワキのボトックス注射
  2. ウルサーマ
  3. シナール+ハイチオール

治療別項目

フォトフェイシャル(IPL)治療

シミ、小ジワなど様々な症状にLinkIcon

サーマクールCPT、サーマクール、アルマ(高周波)治療

肌を引き締め、タルミを改善LinkIcon


HIFU(ハイフ)治療 ウルトラフォーマーIII

シワ、タルミ、部分痩身治療LinkIcon

ミラドライ治療

ワキ汗、ワキガの革新的治療LinkIcon


レーザートーニング

肝斑の新治療法LinkIcon


ジェネシス治療

毛穴、赤み、タルミの改善LinkIcon


ケミカルピーリング

ニキビ、毛穴の薬剤治療LinkIcon


超高濃度ビタミンC点滴、プラセンタ、ビタミン、ニンニク注射

疲労回復、アレルギーや肌荒れ改善LinkIcon


メディカルダイエット

食欲抑制剤や脂肪溶解注射LinkIcon


療レーザー脱毛、IPL(プロウェーブ)脱毛

レーザー、IPLを使い分けますLinkIcon