ハイフ フォトフェイシャル サーマクール レーザー ボトックス注射 ヒアルロン酸注射 肝斑、キズあと治療のことなら
代官山セラクリニックへ
TEL 03−3462−0833

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

レーザー治療


この治療は医師が診察し、施術いたします。

レーザー治療とは

レーザー治療とは、美容治療の中でも一般的によく知られた治療です。
多くの種類のレーザーがあり、症状によって使用するレーザーが異なり
ます。
また、使用方法によっても治療効果が異なるため、経験豊富な
医師により、確かな方法で治療を受ける必要があります。
セラクリニックでは、東京女子医大美容外科方式のレーザー治療を行って
います。

この治療は、医師が診察をして機器の設定を行い、医師が施術を行うことで
最大限の効果が引き出されます。
セラクリニックでは常に経験豊富な医師が治療を行います。

適応症状

・シミ
・ホクロ、イボ
・あざ:黒あざ(太田母斑・異所性蒙古斑)、茶あざ(扁平母斑)、赤あざ(血管腫)
・シミに見えるあざ(遅発性太田母斑様色素斑)など

治療方法

セラクリニックの特徴

いずれの症状の場合も、しっかりと診断して予想される治療効果と回数を説明してから治療を開始します。

・治療部位や症状にもよりますが、多少の痛みを伴いますので必要に応じて
 冷却やテープ麻酔を行います。
・治療部位はかさぶたが出来ますが、数日のうちに剥がれ落ちます。
・かさぶたがはがれるまでは化膿止めの軟膏で治療部位を保護します。
・テープで保護する場合もありますが、多くの場合は当日からメイクが
 できるように調節した治療をします。

治療効果

・シミやイボは1、2回の治療でほとんどが除去されます。
・ホクロは1回で効果がでますが、再発性があるため繰り返し治療すること
 があります。
・あざは根気よく繰り返し治療することで改善が得られます。
 (医師とよく相談してください。)

アフターケア

・シミの治療を受けた場合は再発防止の外用剤をしっかりと塗布し、紫外線
 防止を厳重に行っていただきます。
・その他の治療の場合も紫外線防止を行って下さい。

その他 

※知って欲しい知識 

炎症後色素沈着
シミのレーザー治療を行った後に、適切なケアをしないと炎症後色素沈着という反応を起こす
ことがあります。
この反応が起きると、シミの部位は治療前より濃くなってしまい改善するまでに3-6ヶ月
かかる場合があります。

炎症後色素沈着を予防するには以下のケアを守ってください。
1.紫外線を防ぐため日焼け止めを塗布する。
2.色素沈着を予防するクリームを塗布する。

シミ 治療前レーザー 治療後扁平母斑 治療前レーザー治療後

クリックすると拡大します。

  • 今月の情報
  1. ワキのボトックス注射
  2. ウルサーマ
  3. シナール+ハイチオール

治療別項目

フォトフェイシャル(IPL)治療

シミ、小ジワなど様々な症状にLinkIcon

サーマクールCPT、サーマクール、アルマ(高周波)治療

肌を引き締め、タルミを改善LinkIcon


HIFU(ハイフ)治療 ウルトラフォーマーIII

シワ、タルミ、部分痩身治療LinkIcon

ミラドライ治療

ワキ汗、ワキガの革新的治療LinkIcon


レーザートーニング

肝斑の新治療法LinkIcon


ジェネシス治療

毛穴、赤み、タルミの改善LinkIcon


ケミカルピーリング

ニキビ、毛穴の薬剤治療LinkIcon


超高濃度ビタミンC点滴、プラセンタ、ビタミン、ニンニク注射

疲労回復、アレルギーや肌荒れ改善LinkIcon


メディカルダイエット

食欲抑制剤や脂肪溶解注射LinkIcon


療レーザー脱毛、IPL(プロウェーブ)脱毛

レーザー、IPLを使い分けますLinkIcon