フォトフェイシャル サーマクール ウルトラフォーマー ボトックス注射 ヒアルロン酸注射 キズあと治療のことなら
代官山セラクリニックへ
TEL 03−3462−0833

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは

ケミカルピーリングとは、弱い酸性のお薬を肌に塗り、皮膚表面の角質を
薄く取り除き、新陳代謝を刺激し毛穴のつまりを改善する治療です。
老化や紫外線などのダメージを受けたお肌では、皮膚のターンオーバー
(表皮の生まれ変わり)の周期が長くなり、角質層が厚く表面にたまって
しまいます。
ケミカルピーリングは余分な角質を取り除くことで、ターンオーバー周期
の改善、毛穴のつまりの改善などが得られます。

適応症状

・肌のくすみ、ざらつき
脂性肌、毛穴のつまり
ニキビ・ニキビ肌
・フォトフェイシャル・フォトRF治療中の肌

治療方法

セラクリニックの特徴

使用する弱い酸(グリコール酸・乳酸・サリチル酸など)の種類と
濃度を症状に合わせて選択します。数種類を組み合わせることも
あります。

・治療間隔は2~4週おき、定期的に繰り返して治療を受けることをお勧め
 します。(通常5回程度繰り返すと各症状の改善が得られます)
・メイクを落とし、ピーリング剤を皮膚に塗り、数分後に洗い流します。
・ピーリング中は、軽い刺激感があります。
・施術時間はお肌の状態に合わせて調節します。(通常2分~5分程度)

治療効果

上記の適応症状を除去するまたは改善効果が得られます。
・たまった角質を取り除き新陳代謝を活発にすることで、くすみが取れる
 だけではなく健康で美しい肌になります。
毛穴のつまりが改善し、ニキビを出来にくくします。
・皮脂の分泌を抑え脂性肌を改善させます。

アフターケア

・ピーリング後は少し顔がほてったように赤みが出ることがありますが、
 通常数時間で落ちつきます。
 一時的なものなので十分保湿を心がけてください。
・ピーリング後は紫外線の影響を受けやすいため、季節を問わず必ず日焼け
 止めクリームをお使い下さい。
・ピーリング直後は、有効成分が浸透しやすくなっていますので、美白作用
 のあるクリームやイオン導入などの美肌治療の効果が高まります。


ニキビ、毛穴の開き、脂性肌はフォトフェイシャルなどとの併用療法を行うことで、さらなる効果が得られます。医師と相談し、最適な方法で治療されることをおすすめします。
 


クリックすると拡大します。

What's New

2016.12.15
2016.6.15
2015.4.3

治療別項目

フォトフェイシャル(IPL)治療

シミ、小ジワなど様々な症状にLinkIcon

サーマクールCPT、サーマクール、アルマ(高周波)治療

肌を引き締め、タルミを改善LinkIcon


ウルトラフォーマーIII HIFU(ハイフ)治療

シワ、タルミ、部分痩身治療LinkIcon


レーザートーニング

肝斑の新治療法LinkIcon


ジェネシス治療

毛穴、赤み、タルミの改善LinkIcon


ケミカルピーリング

ニキビ、毛穴の薬剤治療LinkIcon


シルクピール

角質を除去して肌を若返らせる治療LinkIcon


超高濃度ビタミンC点滴、プラセンタ、ビタミン、ニンニク注射

疲労回復、アレルギーや肌荒れ改善LinkIcon


メディカルダイエット

食欲抑制剤や脂肪溶解注射LinkIcon


療レーザー脱毛、IPL(プロウェーブ)脱毛

レーザー、IPLを使い分けますLinkIcon